帰りの車中のデイジー

『あー、ワンコ!でも今日はもうイイや』
画像

いつもは、はしゃぎ過ぎてこんなに窓を開けることができないんですよ。
この時は、遊び疲れて静かに外を見ることができました。笑

『ヨーキーと猫二匹』は人気ブログランキングに登録しています。
クリック応援よろしくニャリよ!笑
人気ブログランキング
※ クリックすると、人気ブログランキングの画面に飛びます





イーミちゃん、変顔シリーズ

イーミちゃん、変な顔してませんか?

『もっと近寄って、見るニャリよ!』
画像

『どうニャ?怖いニャリか?』
画像

ヒ~、怖い~
キバ!牙が出てますよ!

そういえば過去にも悪人面を公開してましたね~!笑
悪人顔

『ヨーキーと猫二匹』は人気ブログランキングに登録しています。
クリック応援よろしくニャリよ!笑
人気ブログランキング
※ クリックすると、人気ブログランキングの画面に飛びます





ネズミ好き

『ボクは、ネズミが好きニャリよ』
画像

ママは汚い背景が写っちゃって、恥ずかしいニャリ、、、笑


『ヨーキーと猫二匹』は人気ブログランキングに登録しています。
クリック応援よろしくニャリよ!笑
人気ブログランキング
※ クリックすると、人気ブログランキングの画面に飛びます





赤と白

赤いインコ
画像

たしか18歳と言ってたような、、、ご年配のパパママと一緒に朝の公園を散歩してました。目やクチバシまで赤いんですよ!



白い犬
画像

生後三ヶ月のミニチュアシュナウザー、、、てっきりウェスティーだと思ってました。



白いチューリップに入った赤い斑
画像
よく見かけますが、赤白だったので、、、苦笑
金魚記事で力を使い果たしてしまいました。力配分が上手に出来ない性質です。笑

『ヨーキーと猫二匹』は人気ブログランキングに登録しています。
クリック応援よろしくニャリよ!笑
人気ブログランキング
※ クリックすると、人気ブログランキングの画面に飛びます





金魚 ~ 日本観賞魚フェア ~ 3

まだまだしつこく続く、金魚フェア~!笑

まだ紹介していなかった会場の雰囲気をどうぞ!
室内の照明を落として、水槽内の照明で金魚が浮かび上がるようになっています。この列が何列も続きます。
画像

金魚も観賞の仕方を変えるだけで、ずいぶん印象的になるんですね~!

観賞魚グッズのショップ
画像

水槽や水をキレイにするフィルターが展示されています。手前の水槽は奥行き約10cm位、金魚は無理だけど場所を取らずに観賞魚が楽しめる良いサイズですね!水草水槽なんかピッタリかも~!

観賞魚用のエサ
画像

手作りのオリジナルエサというベテランもいますが、これだけ種類が豊富だとエサを選ぶのも楽しいですね!肉瘤を大きくする、赤色を強くするには、これが良い!などと会場内でも愛好家の方々話に花が咲いていました!

観賞魚の本
画像

熱帯魚や水草水槽などの本はよく見かけますが、大人向けの金魚本は普通の書店では、なかなか手に入りません。金魚というと子供のペットという本ばかりなので、探していた人には良い機会だったのでは!


さて、次は入賞こそしてませんが気に入った金魚達を紹介したいと思います!

バブ~
画像

赤いホッペに真っ白なボディ!数多い堂々とした立派な金魚達に混じって、わずか5cm位のオチビちゃんなのですが、私のNo1となりました!可愛い~ 笑
でも種類が良く分からないですね~、らんちゅうかな?桜錦かな?

桜錦(さくらにしき)
画像

らんちゅうの透明ウロコのタイプを桜錦といいます。水槽を覗かれて嫌がる金魚が多い中、こちらの二匹は逆に寄って来て『ごはん?』と言ってるようでした。笑

津軽錦(つがるにしき)
画像

ゆで卵みたいな形ですね~!ツルンとしています。
キレイな上に可愛い金魚でした!

ムンッ!
画像

黒の入っていない東錦(あずまにしき)、桜東というのかな?まるで小さい子が怒ってるように見えてしまいます。ああ、たまらな~い!笑

蝶尾(ちょうび)のパンダ模様
画像

上からみると開いた尾ひれが蝶のように見えるので蝶尾。可愛い模様です!でもこれも色変わりの途中なので、この先色が変わっていくと思います。残念

そして水草水槽も多数出展されていました!
画像

キレイですね~
画像

私は水草水槽に夢中になったあと、金魚を飼い始めた経緯がありますので、こういう水槽も大好きです!
画像

小さいサイズならまたやってみたいな~
画像

年に一度の金魚フェア、今年はブログ記事にしようという思いもあったので、沢山の写真を撮り記念に残すこともできて、大変充実した年になりました!

金魚の飼育は思ったより難しく大変だった事を思えば、ここまで立派で大きな金魚を育てている方々って、どんな風に育ててるんだろう?と思わずにはいられません。

しばらく金魚は見て楽しむしかありませんが、またいつか飼える日が来るといいな~!と熱き思いを胸に、金魚フェアの記事を終わりにしたいと思います。
皆様お付き合い頂きありがとうございました!笑


『ヨーキーと猫二匹』は人気ブログランキングに登録しています。
クリック応援よろしくニャリよ!笑
人気ブログランキング
※ クリックすると、人気ブログランキングの画面に飛びます




金魚 ~ 日本観賞魚フェア ~ 2

まだまだ続く、金魚フェア~!
一日では紹介しきれません。

津軽錦(つがるにしき)
画像

お姫様みたいですね~ うっとり
津軽地方で作られた金魚です。背びれが無く尾ひれが長いのが特徴です。

オランダ獅子頭(ししがしら)
画像

豪華なヒレと力強い泳ぎです!
上がお姫様なら、こちらはKINGでしょうか!笑
金魚やさんでは非常にポピュラーな金魚です。とても育てやすく豪華なヒレが特徴なので私も最初の金魚はオランダでした。大好きな金魚です!

キャリコ琉金(りゅうきん)
画像

だと思います。赤が入っていないキャリコなのかしら?
あまりに格好良くて、うっとり見とれてしまいました。

更紗模様(さらさもよう)の琉金
画像

このような赤と白の模様を更紗といいます。赤は赤、白は白とはっきり模様が分かれているのが評価が高いそうです。

こちらは透明モザイクの琉金
画像

半透明のウロコが優しく見えますね~!
一度飼ってみたかったけど、お店で売ってるのを見たことがありませんでした。

こちらも津軽錦
画像

一枚目の金魚と同じです。
このように頭が下がるのが特徴なんですって、面白いですね~
目つきが、家のデイジーに似ています。笑

キャリコ琉金
画像

エントリーされている金魚では、琉金がとても多いなあと感じました。
その時々によって流行りがあるんでしょうね。数年前は、らんちゅうという時もありましたし、今は琉金なんだな~と感じました。

そしてやっぱり豪華なオランダ獅子頭!
画像

どでかいオランダの泳ぎは迫力です!
体長15cm位はありました(ヒレを含むと全長という呼び方になります)


『ヨーキーと猫二匹』は人気ブログランキングに登録しています。
クリック応援よろしくニャリよ!笑
人気ブログランキング
※ クリックすると、人気ブログランキングの画面に飛びます




金魚 ~ 日本観賞魚フェア ~

ドッグショー、キャットショーには行った事がないけれど、金魚フェアは指折り数えて楽しみにしている年に一度の祭事です!笑

東京の江戸川で『第26回日本観賞魚フェア』が開催されました。4/11~13まで
画像

いちいち金魚の説明を入れますが、興味の無い方は写真だけでもどうぞ~!笑

まずは、この世の不思議、水包眼(すいほうがん)
画像

私が子供の頃は本当にめずらしくて図鑑でした見たことのない品種でした。今ではペットショップの金魚コーナーに行けば簡単に見られる金魚になりましたが、それでもさすがフェアに出展される金魚だけあって、すんごく大きい水泡を『たっぷん、たっぷん』と揺らしながら泳ぐ様は迫力があって感動でした!

こちらは浜錦(はまにしき)
画像
ウロコが変わってますね~。珍珠鱗(ちんしゅりん)またはパール(真珠)と呼ばれるウロコを持っていて、しかも頭に水泡が付いています。上から見下ろすと体がまん丸なのでピンポンパールと呼ばれる水泡の無い種類は熱烈なファンが多い金魚として有名です!私はちょっとニガテ、、、笑

らんちゅう(蘭鋳)
画像
一番好きな金魚です!この三匹は展示三日目にも係わらずとても元気で、プリプリと泳いで見せてくれました!背びれが無く、頭の肉瘤(にくりゅう)が発達しているのが特徴です。

ブリストル朱文金(しゅぶんきん)
画像

金魚は大抵が中国原産です。そして日本でも改良が加えられ、作出され、東洋の代表的な観賞魚というのが一般的ですが、これはイギリスで作られた金魚なのです。
特徴は尾ひれで、なんとハート型なんですよ~!最初見たときはトリミングしたのかと思いビックリした覚えがあります。笑

出目金(でめきん)
画像

愛嬌たっぷりの出目金もフェア出展魚となると、風格が違いますね~!

琉金(りゅうきん)の鹿の子模様(かのこもよう)
画像
キレイですね~!この模様は『鹿の子』と言われています。金魚は生まれたときはみんなグレーなんですが、年をとるにつれ色が出て、年々色変わりしていく生き物です。鹿の子はその色変わりの途中で時々見られる一時的な模様です。

地金(じきん)
画像
日本で作られた金魚の代表、愛知県の天然記念物、地金です。特徴は六燐(ろくりん)と呼ばれる色の配色とクジャク尾と呼ばれる開いた尾ひれです。これも初めて見たときは驚きましたね~、全てがありえないんですよ~ 笑
ちなみに六燐とはボディは真っ白、それ以外のヒレと口先六ヶ所が赤いという配色です。これは自然には出ない色で、小魚の時に調色というウロコを剥がすという処置により生まれます。(または酸でウロコを脱色したりするそうです)涙

花房(はなふさ)
画像
英語名ではポンポンと呼ばれているそうです。チアリーダーが持つあれです。ポンポンと聞くと不思議と可愛く見えてしまう~ 笑

南京(なんきん)
画像

島根県の天然記念物です。なんだかSFっぽく見えてしまうんですけど~ 笑

そして日本観賞魚フェアは、金魚の品評会も兼ねていて、入賞魚には、水槽にこのような札がつけられます。
画像

こちらのちょっとお疲れの金魚は、東錦(あずまにしき)
画像

そして、今年のチャンピオン~!

金屏風を後ろにして、会場入り口に大きな水槽で展示されています。
画像

パチパチパチ!

お~、農林水産大臣賞!
画像

水槽を覗くきれいなお姉さんの顔の大きさと比べると、その大きさが分かりますね~。でも大きいからという理由で入賞ではありませんよ。もっと大きい金魚は沢山いました。体つき、模様、ヒレの具合、泳ぎ方、全てが評価の対象になります。
画像

天気の悪さも感じさせないほど、人でいっぱいの熱い金魚フェアでした!
展示三日目ともなり、金魚ちゃん達もお疲れの表情を見せてて、ちょっと可愛そうでしたが、普段目にする事の無い、珍しく、しかも立派な金魚が沢山見れて本当に楽しかったです!

、、、閉めたと見せかけて、まだまだ、続くよ!笑

画像

クリックありがとうございます!